Edward Gorey from 1975 by solakzade

Edward Gorey(エドワード・ゴーリー/1925-2000)

アメリカの絵本作家。

an American writer and artist noted for his illustrated books. His characteristic pen-and-ink drawings often depict vaguely unsettling narrative scenes in Victorian and Edwardian settings. (From Wikipedia)

以下、ウィキペディアより抜粋—

絵本という体裁でありながら、道徳や倫理観を冷徹に押しやったナンセンスな、あるいは残酷で不条理に満ちた世界観と、徹底して韻を踏んだ言語表現で醸し出される深い寓意性、そしてごく細い線で執拗に描かれたモノクロームの質感のイラストにおける高い芸術性が、「大人のための絵本」として世界各国で熱心な称賛と支持を受けている。

また、幻想的な作風とアナグラムを用いたペンネームを幾つも使い分けて私家版を出版したことから、多くの熱狂的なコレクターを生み出している。

エドワードゴーリーの1970年代の写真

his photographies from 1975

Edward Gorey−1.jpg
Edward Gorey−3.jpg
Edward Gorey−2.jpg

1980s FRED by solakzade

パリでFred Samuel(フレッド・サミュエル)が、宝飾店FRED(フレッド)を1936年に創業。

これが今やフランスが世界に誇るハイジュエリーブランドFRED(フレッド)の始まりです。

眼鏡をオーダーメイドではなく、市販のラインナップとして正式にリリースしたのは1980年代に入ってからでした。

フレッド自身が海を愛しセーリング(ヨット)が好きだったことから、フレームモデル名には海に関する名前が付けられています。

例えば、AMERICA CAP(1851年より続く国際ヨットレース、アメリカズカップをイメージさせるモデル名)、OURAGAN(ハリケーン)、CABESTAN(船上にある回転機械)などのモデル名があります。このフレームALIZEは貿易風という意味です。

フレッドのフレームにあるケーブルモチーフは、ヨットの鋼鉄ケーブルからイメージされたものです。ケーブルモチーフが最初に使われたのは、1966年にジュエリー部門から発売された “フォース10ブレスレット” でした。

22kt Gold Plated(22金メッキ)を使用した贅沢さは、ジュエリーブランドならではでクオリティの高さは細部に見られます。

▼1980s Deadstock Vintage Frame FRED “ALIZE” 22kt Gold Plated

1980年代製デッドストック ヴィンテージ 眼鏡フレーム フレッド「アリゼ」 22金メッキ

APC_1359.jpg

1970s RODENSTOCK by solakzade

RODENSTOCK(ローデンストック)は、1877年ドイツのヴュルツブルグでヨーゼフ・ローデンストックが創業した現在も続くブランド。

このフレームは名作のRICHARD(リチャード)に並ぶ人気モデルCARLTON(カールトン)。
1960年代〜70年代のRODENSTOCKはガチッとした堅牢な作りが特徴で、車で言うと “メルセデス・ベンツ” のように頑丈なイメージ!

一本のバーに、レンズがぶら下がったようになっているこのデザインは、1950年代にフランスで登場した「アモール」が原型となっています。

モデル名に付いている“FLACH“とはドイツ語で”平らな”の意味であり、その名の通りにフロント上部、左右テンプルともに、ぺったんこのプレートのようなデザインになっています。

CARLTONの中にも種類があり、フロントとテンプルにレールの様な溝がデザインされたフラットのタイプでないものもあります。

▼1970s Deadstock Vintage Frame RODENSTOCK “CARLTON FLACH” 12kgf

1970年代製デッドストック ヴィンテージ 眼鏡フレーム ローデンストック カールトン フラット 12金張り

RODEN STOCK CARLTON FLACH.jpg

ちなみにビーバップハイスクールの “菊りん” がかけていたイケてる眼鏡は、このカールトンとほぼ同じデザインです。1970年〜1980年代のジャパニーズヤクザの皆さんに愛されたモデルです。

An old advertisement of TRIFARI from 1940s by solakzade

1940年代のトリファリの広告

“Don’t be fooled. They are not real.” 「騙されるな。これは本物の金じゃない」


金無垢じゃないメッキ製ですが、デザインがハイファッション。それがコスチュームジュエリー。

当店では扱いませんが、コスチュームジュエリーの代表格の1つがトリファリです。

デザインは1940年代当時、最先端のタンクブレスレット。

IMG_8869.JPG

IMG_8870.JPG

1980s EMMANUELLE KHANH by solakzade